石原都知事じゃもうイヤダ!    みんなで投書しよう!!

投書0016【06年6月22日】

サッカー観戦者と同じ自由を都の教員へも

 サッカーのワールドカップで日本ティームを応援する人たちは、競技場で「君が代」を歌い、日の丸を振る。彼らはそうしたいからするのである。もし、やりたく無いのにやらされたり、やりたいのに禁止されたらどうであろうか。
 二〇〇三年十月に東京都教育委員会は、卒・入学式での国旗・国歌の取り扱い方を定め、それに反する教員は処分も辞さぬとし、今までに延べ三四五人を減給や停職などで処分した。それどころか、来賓として前任校の卒業式に出席し「自分の考えで行動する人になってください」と祝辞を述べた教員にさえも「注意」した。
 日本国憲法は一一条と一三条で、内心の自由や表現の自由をはじめとする基本的人権の普遍性と個人の尊重を明記する。ワールドカップ観戦者にも、都の教員たちにも等しく適用されるはずなのに、後者は人権が保護されないどころか処分されるのだ。憲法は、いつから地方の教育委員会通達より下位になったのだろうか。自己の思想信条に従ったために処分された教員を見て育つ子らは、自分の意思や判断を大切にできなくなる。私は自分の子と、都の将来のためにこんな東京都と知事を早く変えたい。
朝日新聞 投書欄「声」欄宛 (投稿者=星ぴかぴか) ボツ  (> <)
[PR]
# by replacehim | 2006-07-07 20:59 | 日の丸君が代

投書0015【06年6月20日】

適格性欠いた都知事の発言

石原都知事の出張旅費に一言。講演依頼を受けた都知事のワシントン出張で、都条例に定めた事前協議の手続きを経ず増額した都に対して違法判決が出た。五泊分で規定は二十万円なのに七十九万円も支給していたとは驚きだ。規定の四倍も使っている計算だが、いいかげんすぎやしないか。都知事は会見で都側の過失を認めながらも「全体の(旅費の)レベルが低すぎる」と述べ、普段から規定額以上を受け取っていたと説明するなど、悪びれた様子もない。20万円という規定額が非現実的であるならともかく、低レベルを理由に否定されるのは、都民として納得がいかない。私たちの税金で都知事を豪遊させる理由など、無いはずだ。石原氏は行政の長としての適格性を欠いている。
東京新聞 投書欄「発言」欄宛 (投稿者=K. Tさん) 掲載原稿お送り頂きました \(^ ^)/
[PR]
# by replacehim | 2006-07-07 20:39 | その他

投書0014【06年6月19日】

都知事、1泊4万円のホテルは低レベルですか?

都の条例を誰より守るべき都知事が、条例で定められた事前協議を経ずに、海外出張時の宿泊費をお手盛り増額した。この差額返還を求める住民訴訟で原告の言い分が通った。腐敗を見逃さず、行動に移す原告のような方が世の中にいることを有り難く思う。
石原都知事は「宿泊料規定のレベルが低すぎるので、いつも申請してプラスアルファのところで泊まっている」とコメントしている。都の条例で認められる宿泊費は約20万円(5日分)という、それだって庶民感覚ではとても贅沢だが、それが70万円とは驚きだ。1日に換算すると一泊素泊まり(食事無し)で14万円である。税金で、どんな高級ホテルに泊まったのだろうか? 条例で定められた額が不当に低いなら、条例を変えるよう働きかければよろしい。
事前協議でいつも認められているというのも、人事委員会とのなあなあの関係を感じる。条例が認めない部分の体裁は、ポケットマネーでお願いしたい
毎日新聞 投書欄「みんなの広場」欄宛 (投稿者=東京音頭) ボツ (T^T)
[PR]
# by replacehim | 2006-07-07 20:23 | その他

投書0013【06年5月25日】

ますます強権的に? 東京都教育委員会

職員会議の様子を私たち部外者は見ることができず、校長先生も含めた先生方が口角泡を飛ばして議論をし、それでも決着がつかない時には各先生方に賛成か反対かを問うのかな〜なんて、テレビ番組の職員会議のシーンなどから勝手に想像していました。でも、その実態は想像とは大きく違っているようです。
 
文部科学省は、「職員会議は決定機関ではなく、先生方の意見で校長の考えや決定が妨げられないように」との指示を、既に全国の教育委員会に出していました。そして、この4月、「職員会議での挙手や採決を禁止する」と言う、国よりも厳しい通知が、東京都教育委員会から全都立学校に出されました。このような通知で「挙手や採決を禁止」したのは東京都ぐらいとのことですが、「挙手や採決をしないよう」徹底してきたのは、東京都と同じく「日の丸・君が代」の強制を進めてきた広島県教育委員会です。
 
「日の丸・君が代」の強制で教職員の大量処分を行った東京都教育委員会が、今回の通知後、強権的な方向にますます進んでいくのではと危惧するとともに、この通知に合意した6人の教育委員の任命権者である石原知事の一刻も早い退陣を願うばかりです。
朝日新聞 投書欄「声」欄宛 (投稿者=オレンジ) ボツ (・・;)
[PR]
# by replacehim | 2006-07-07 20:07 | 教育と若者

投書0012【06年5月25日】

国際都市・東京にふさわしいリーダーを

5月17日入管法改定案が成立した。これによって日本に入国する外国人の指紋が採取されることになるという。日本にいる外国人が外国人登録をする際に義務づけられていた指紋押捺が撤廃されたのは2000年のこと。当時の私は、これで「外国人と見れば犯罪者」というような差別的・排外的な態度が少しでも変わるのでは、と考えた。しかしわずか6年目にして、また指紋である。今回の入管法の改定は「テロ対策」の一環だというが、ならば尚更、今度は「外国人と見たらテロリストと思え」という排外ムードをつくることにならないか。
 同じ時期、オリンピックを東京で、と都が名乗りをあげていると聞いた。そして現都知事の石原氏はそのためにも来年の知事選に出馬する意向を表明している。石原氏は、過去に「三国人」発言をするなど外国人差別意識が強い人物だ。国際都市にふさわしいリーダーをと考えれば、私は差別発言を繰り返すような知事はもうごめんだ。
東京新聞 投書欄「発言」宛 (投稿者=ワンコ) ボツ (*。*;)
[PR]
# by replacehim | 2006-06-20 02:06 | 外国人に対する視点

投書0011【06年5月24日】

都知事の仕事は五輪だけ?

 石原東京都知事が、来年春の都知事選立候補に意欲を示していると報道で知った。2016年のオリンピック招致を睨んでのことだそうだ。しかし、それだけのために都知事の仕事はあるわけではない。そもそも、オリンピック誘致の是非そのものに私は疑問を感じざるを得ないのだ。
 東京都の構想によれば都心の半径10キロ圏に主要な施設を集めた「コンパクトなオリンピック」にするというが、具体的なプランはまだ見えてこない。仮に、開催が実現するとして、そこに投入される莫大な資金はいったい誰が払うのだろうか?ただでさえ過密を極める東京の都心でわざわざオリンピックを行う真っ当な理由がどこにあるのだろうか?
 これまでも“後楽園競輪復活”やら、“お台場カジノ構想”やら打ち上げては立ち消えになった都知事の「政策」は多い。五輪しか公約がないのなら、石原さん、次の選挙に立つのは辞退なさったらどうですか?

読売新聞 投書欄「気流」宛 (投稿者=荒畑智志) ボツ (+_+)
[PR]
# by replacehim | 2006-06-19 18:30 | 東京オリンピック

投書ネタ003

<ぎょえ"〜!! 理想の父?!>
父の日まであと4日! 理想のファミリーランキング
オリコン
1位に輝いたのは、自ら東京都知事として活動し、さらに子供も議員、気象予報士と各界で活躍する石原慎太郎ファミリー。「個性的な人が多く、積極的で好感がもてるから」(茨城県/10代/女性)や「父親を中心に家族一丸となっているから」(東京都/20代/男性)など、威厳ある父親として公私に活躍する石原慎太郎氏を中心に、まとまりのある家庭を評価する意見が多数寄せられた。

<大盤振る舞いの都知事>
五輪投資に7兆円超
しんぶん赤旗
東京都議会第二回定例会本会議で十三日、日本共産党の大山とも子都議は代表質問に立ち、石原慎太郎都知事が「世界一コンパクト大会」といって招致しようとしているオリンピックについて、「その投資総額は七兆円を大きく超えるものになりかねない」と指摘しました。

<都知事敗訴!>
海外宿泊費98万返還命令、石原都知事らに東京地裁
読売新聞
東京都の石原慎太郎知事らが、都条例で定められた手続きを経ずに、海外出張時の宿泊費を増額したのは違法などとして、都内の男性(56)が都を相手取り、石原知事ら4人に計約460万円を返還請求するよう求めた訴訟の判決が16日、東京地裁であった。
[PR]
# by replacehim | 2006-06-19 12:11 | 投書ネタ

投書0010【06年5月17日】

こんな知事に女性の今後は託せない!

 先日、東京都の男女平等参画審議会委員に高橋史朗氏が選ばれた。高橋氏は「保育サービス」の充実が国を滅ぼす」という文章の中で、「少子化の根因は若い女性たちが結婚・出産・子育てを自由を束縛し自己実現を阻む要因と考えるようになったこと」を原因とする。
 ところで、男女平等参画審議会のおおもとと言える「男女共同参画社会基本法」は、社会における男女の役割分担にとらわれず、家庭でも職場でも互いに協力することを柱とする。とすれば、「女性の結婚・出産・子育て」放棄が少子化の原因と捕らえ、その意識を変えることすなわち「再び男が稼ぎ、女が家事育児を担う」ことが少子化への解決として奨励する人物を男女平等参画審議会のメンバーにすべきではない。そして、このような委員を選ぶ石原知事に女性たちの今後を託すわけにはいかない。

東京新聞 投書欄「発言」宛 (投稿者=星ぴかぴか) ボツ T_T) 
[PR]
# by replacehim | 2006-06-09 10:48 | 女性に対する視点

投書009【06年5月14日】

メーデー不当弾圧

 労働者の祭典メーデーの日に参加者が逮捕された。いわゆるフリーターたちのフリーターメーデーでである。非正規雇用で身分も生活も不安定。それでも労働条件改善など労働権として補償されている正当な権利主張のために、フリーター自身によるメーデーが開催されている。集会のあとデモという既存の形態をとりつつ、DJがいて音楽を鳴らしてうたったり踊ったりしながらのデモという、若者中心のフリーター層ならではの斬新さと柔軟さが窺える。
 しかし、事前のデモ申請のときに音を出すことを伝え、承知していたはずにも関わらず、警察と公安は音を出すなと恫喝し、音を出そうとした瞬間に何の抵抗もしていない人間を取り押さえた。小さな小さなグループで、そもそも参加者が取り囲まれてしまうほどの警官や公安の数からして尋常ではない。三国人発言など、弱い立場の人間を貶めることを平気でする知事のいる東京から、人間は平等ではない、弱者いじめの構図を発信している。

毎日新聞 投書欄『みんなの広場』宛 (投稿者=TT) ボツ (> <)
[PR]
# by replacehim | 2006-06-09 10:34 | 教育

投書008【06年5月12日】

オリンピックの前に多文化共生の街づくりを

 東京都が2016年夏のオリンピック開催地に正式に立候補した。
福岡が名乗りを挙げているところに割って入るなんて、「東京一極集中」の弊害を大きくするだけだと思うが、驚くのはイメージの貧弱さだ。石原慎太郎東京都知事によると、唯一の「構想」らしきものは、三方を海に囲まれた晴海の都有地に巨大スタジアムを作り、周囲の海に豪華客船を停泊させ、成熟した東京の姿を世界に見せる象徴的な存在にするという。
 「理念なんかはあとでいい」と石原知事は記者会見でくりかえしているが、自己顕示欲のためだけに莫大なお金を使われてはたまらない。知事は10年先のオリンピックのために1年に1000億円積み立てると言う。国際交流の場となるオリンピックを開くのであれば、その前にやるべきは、東京を多民族・多文化が共生できる街につくりかえることではないか。
 石原知事の外国人(特にアジア人)嫌いはつとに有名だ。治安対策として外国人排斥を進める知事のもとで、多民族交流の祭典が開けるはずがない。
 お金の使い方を間違えているとしか思えない。

産経新聞 投書欄 (投稿者=ダイちゃん) ボツ T。T)
[PR]
# by replacehim | 2006-06-09 10:12 | 東京オリンピック



差別発言の多さ、トップダウンの傲慢さ、石原慎太郎氏は、東京都知事にふさわしくありません。みんなで新聞に投書しよう! ボツ原稿もこのブログで紹介。
カテゴリ
全体
このブログについて
主な新聞の投書規定
投書ネタ
都知事批判サイト紹介
─────
東京オリンピック
日の丸君が代
タカ派発言
教育と若者
女性に対する視点
外国人に対する視点
その他
検索
みんなで投書しよう
石原都知事 批判!
──────────────
投書した方はぜひメール下さい。このブログに掲載させて頂きます (^ ^)
みんなで投書しよう 宛
──────────────
「ボツ原稿」も生きるブログ!!
──────────────

新聞等との二重投稿にならないよう、投書後一定期間を経てからメール下さい。
掲載するあなたのお名前(ペンネーム可)、投書先、投書日、を必ずお書きください。
差別的な内容、誹謗中傷はお断りします。当ブログの編集方針とずれる場合は取り上げない場合があります。

主な新聞の投稿規定:
──────────────
(読売)
「気流」欄 400字程度。
送り先 〒100-8691 東京中央郵便局私書箱325号読売新聞東京本社「気流」係
FAX03−3217−8229
e-mail:tousho@yomiuri.com
ネット投稿
文頭に職業、氏名、年齢、住所、電話番号。
──────────────
(朝日)
「声」欄 500字
送り先 〒104-8661 京橋郵便局私書箱300号 朝日新聞「声」
FAX0570−013579
email:tokyo-koe@asahi.com
住所、氏名、年齢、職業、電話番号を記載。
二重投稿不可(同一新聞内の他の投稿欄&他社)、採否の問い合わせ不可。
──────────────
(毎日)
 400字
送り先 〒100-8051 千代田区一ツ橋1−1−1 毎日新聞東京本社「みんなの広場」 
FAX03−3212−0825
ネット投稿
匿名は不可。添削することあり。掲載分に謝礼。
住所、氏名、年齢、職業、電話番号を記載。
二重投稿不可(同一新聞内の他の投稿欄&他社)、採否の問い合わせ不可
──────────────
(東京)
「発言」欄 360字
送り先 FAX03−3474−0352
ネット投稿
──────────────
(産経)
「一般投書」400字程度
送り先 〒100-8078 産経新聞東京本社 投書係
FAX03−3242−7745
e-mail:special@sankei.co.jp
(添付形式不可)
本名、年齢、職業(元××可)、〒、住所、電話番号を記載。
添削あり、二重投稿不可。
採用分には図書カード
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧