石原都知事じゃもうイヤダ!    みんなで投書しよう!!

<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

投書0021【06年7月11日】

中国のオリンピック、応援する知事に

 これまで中国や韓国の人たちに対し「三国人発言」を繰り返し、さらにフランス語の数の数え方から「フランス人は数も数えられない国民」などと、他国の国民・文化を馬鹿にする発言を繰り返してきたのが石原東京都知事です。
 その知事が7月4日、都内で開かれたシンポジウムの講演で、彼にとっては持論とも言う中国批判を重ね、さらに、08年に開催される北京でのオリンピックについて「ヒトラーのやった、あの非常に政治的なベルリンのオリンピックに、ある意味似ているような気がする」と語った、との記事を目にしました。 何をもってベルリンのオリンピックに似ていると知事が判断したのか、私にはわかりません。しかし、開催されてもいない大会について、公の立場にある知事が公の場でこのような発言をしていいのでしょうか。 
 お隣の中国が経済発展をとげ、やっと開催することになったオリンピックを暖かく応援する、そんな東京都知事に代えたいですね。
毎日新聞 投書欄「みんなの広場」宛 (投稿者=オレンジ) ボツ   (・・;)
[PR]
by replacehim | 2006-07-27 01:06 | 東京オリンピック

投書0020【06年7月6日】

中国のオリンピックはかつてのナチスと同じ?

 「中国のオリンピックはかつてのナチスと同じだ」。石原慎太郎東京都知事が都内の講演会でこう言い放ったのだそうだ。2016年のオリンピック招致に名乗りを上げた石原都政だが、成否の見通しは決して明るくないよ
うだ。自分が責任を持って招致する、とばかりに三期目の立候補を表明した石原都知事にとっては今の状況が気が気でないのだろう。
 しかし、財政状況の苦しい東京都がオリンピックをわざわざやる必要は無いのではないか。大体、いまだに、費用がどのくらいかかるのかも分からないものをゴリ押しする石原都知事の不見識にはあきれるばかりだ。
 巨大開発、箱モノ事業をごり押しし、赤字は垂れ流し・・・。滋賀県では先日、巨大公共事業からの転換を掲げた女性知事が誕生した。私たちの東京でも、来年春の選挙こそこんな知事が欲しい、と思う。
東京新聞 投書欄「発言」宛 (投稿者=荒畑智志) ボツ   (+_+)
[PR]
by replacehim | 2006-07-26 22:10 | 東京オリンピック

投書0019【06年7月6日】

お金の使い道はコンパクトじゃないオリンピック

 石原慎太郎都知事が、2016年のオリンピックを東京で、と開催地候補に正式に名乗りをあげた。売りは「世界一コンパクトなオリンピック」。だが、その予算はコンパクトというわけにはいかないようだ。関連施設の整備費に都の負担の見込み額は453億円、また今年度の予算として使途があいまいな1000億円を基金として積み立てると都知事は発表した。都民としては、都知事のこの意向に「ノー」をつきつけたい。

 負担額が500億円以下というのは少ない額、と都知事は胸をはっているそうだが、本当だろうか。介護保険、障がい者自立支援、生活保護など生活保障をになういくつもの法制度の改悪によって高齢者や障がい者などより弱い立場の人たちの生活が追いつめられているというのに。その500億円があればどれだけのことができるだろうか。美濃部都政以降、福祉関連の予算を減額したのは石原氏のみという。オリンピックで経済効果、なんて庶民の生活感覚を知らないにもほどがあります、石原さん。
読売新聞 投書欄「気流」宛 (投稿者=ワンコ) ボツ   (・・;)
[PR]
by replacehim | 2006-07-21 00:04 | 東京オリンピック

投書ネタ004(06年7月7日)

<出ました! 根拠なき差別発言>
asahi.com
石原知事、北京五輪「ヒトラー五輪にある意味似ている」
 石原慎太郎東京都知事は4日、都内で開かれたシンポジウムで講演し、中国批判を重ねた上で、08年の北京五輪を「ヒトラーのやった、あの非常に政治的なベルリンのオリンピックに、ある意味似ているような気がする」などと語った。

<それでも年間所得2673万円。少ない?>
石原都知事、05年所得2673万円・3年連続減
NIKKEINET
 東京都の石原慎太郎知事と、昨年の都議選で連続再選した現職79都議の2005年の所得報告書が3日、都の資産公開条例に基づき公開された。石原知事の所得(課税対象額)は前年より375万円少ない2673万円。印税収入など著述業などによる所得がなかったためで、所得は03年以降3年連続で減少した。

<憲法判断をしない裁判所に救われる都知事>
首相・都知事の「靖国参拝」訴訟、原告側の控訴を棄却
YOMIURI ONLINE
憲法判断は行わず、「参拝により、法律上保護される原告の権利や利益が侵害されたとは認められない」と述べ、請求を退けた1審・東京地裁判決を支持、原告側控訴を棄却した。原告側は上告する方針。

<それでも職員平均の5倍弱です>
平均77万円 都職員にボーナス
中日新聞
特別職では、石原慎太郎知事が「都財政の状況は好転しているわけではない」として自主的に10%の減額措置をとり約三百六十三万八千円。

<いつも挑発してて恥ずかしい都知事>
『横綱』と『幕下』ぐらいの違いがあると思う
西日本新聞社
 「『横綱』と『幕下』ぐらいの違いがあると思う」。2016年の夏季五輪招致をめぐる東京都と福岡市の戦いを、東京都の石原慎太郎知事はこう評した。
[PR]
by replacehim | 2006-07-07 23:55 | 投書ネタ

投書0018【06年6月27日】

知事の宿泊代規定は安すぎる?

 先ごろ石原都知事の海外出張宿泊費の返還を求めていた裁判で、東京地裁は知事に返還を命ずる判決を出した。知事がアメリカのホテルで1泊263000円の部屋に夫人と宿泊し、高井特別秘書が1泊97700円の部屋にそれぞれ5泊した費用の裁判だった。当然都財政に返されるべきだ。定例会見で石原知事は事務手続きのミスを認めていたので、返還したのだろうか? 
 それにしても知事は「今までの規定は安すぎる。いつも(事務的に)申請してプラスアルファのところに泊まっている」と会見で続けている。ちょっと待ってほしい。都条例で規定している宿泊代の42000円は安すぎるのだろうか。一部上場企業の私の会社の規定では専務クラスだってそこまでいかない。作家の石原氏の宿泊代なら好きな額にすれば良いけれど、知事は公務員で、宿泊代は都民一人一人の税金で支払われるのを忘れてもらっては困ります。それにしてもいつもプラスアルファとは、何を考えているのか。こうした訴訟をした人がいることに敬意を払いたいが、一方で、外遊好きの石原知事の行動も、議会は真剣にチェックを入れてしてほしいものだ。
毎日新聞 投書欄「みんなの広場」宛 (投稿者=水無子) ボツ  T。T)
[PR]
by replacehim | 2006-07-07 21:11 | その他

投書0017【06年6月27日】

五輪招致・異論は許されないのか

2016年五輪招致のために都内の30を超える自治体議会が賛同決議をあげている。この中で瑞穂町議会は5月に決議案の議会提出を見送ったが、6月の議会最終日に自民党町議提出の賛同決議案を否決した。いわば2回にわたり町議会が反対の思表示をしたことになる。否決は都内で初めてという。しかし理由をみると、横田基地の航空機騒音に悩まされ、オリンピックを契機に基地の軍民共用化への懸念をあげている。もっともだと思う。以前、横田基地に隣接する道路を走っていて、まるで頭の上に落ちてきそうな大きな軍用機の騒音に度肝を抜かれた記憶を思い出した。これが毎日なのが瑞穂町なのだから。

決議に対し都知事は「ほえ面かくな」と定例会見で激しく批判したそうだ。五輪に反対はいけないのだろうか? 開催後、莫大な赤字を出した例も少なくない。景気上昇で知事就任時に比べ都財政が好転したからといって安心できない。財政改革を掲げたのに、臨海開発で大赤字を残した鈴木都知事の例もある。いろいろな理由から五輪に異論を持つ者がいることは許されるべきだ。
産経新聞 投書欄宛 (投稿者=皐月) ボツ  T。T)
[PR]
by replacehim | 2006-07-07 21:04 | 東京オリンピック

投書0016【06年6月22日】

サッカー観戦者と同じ自由を都の教員へも

 サッカーのワールドカップで日本ティームを応援する人たちは、競技場で「君が代」を歌い、日の丸を振る。彼らはそうしたいからするのである。もし、やりたく無いのにやらされたり、やりたいのに禁止されたらどうであろうか。
 二〇〇三年十月に東京都教育委員会は、卒・入学式での国旗・国歌の取り扱い方を定め、それに反する教員は処分も辞さぬとし、今までに延べ三四五人を減給や停職などで処分した。それどころか、来賓として前任校の卒業式に出席し「自分の考えで行動する人になってください」と祝辞を述べた教員にさえも「注意」した。
 日本国憲法は一一条と一三条で、内心の自由や表現の自由をはじめとする基本的人権の普遍性と個人の尊重を明記する。ワールドカップ観戦者にも、都の教員たちにも等しく適用されるはずなのに、後者は人権が保護されないどころか処分されるのだ。憲法は、いつから地方の教育委員会通達より下位になったのだろうか。自己の思想信条に従ったために処分された教員を見て育つ子らは、自分の意思や判断を大切にできなくなる。私は自分の子と、都の将来のためにこんな東京都と知事を早く変えたい。
朝日新聞 投書欄「声」欄宛 (投稿者=星ぴかぴか) ボツ  (> <)
[PR]
by replacehim | 2006-07-07 20:59 | 日の丸君が代

投書0015【06年6月20日】

適格性欠いた都知事の発言

石原都知事の出張旅費に一言。講演依頼を受けた都知事のワシントン出張で、都条例に定めた事前協議の手続きを経ず増額した都に対して違法判決が出た。五泊分で規定は二十万円なのに七十九万円も支給していたとは驚きだ。規定の四倍も使っている計算だが、いいかげんすぎやしないか。都知事は会見で都側の過失を認めながらも「全体の(旅費の)レベルが低すぎる」と述べ、普段から規定額以上を受け取っていたと説明するなど、悪びれた様子もない。20万円という規定額が非現実的であるならともかく、低レベルを理由に否定されるのは、都民として納得がいかない。私たちの税金で都知事を豪遊させる理由など、無いはずだ。石原氏は行政の長としての適格性を欠いている。
東京新聞 投書欄「発言」欄宛 (投稿者=K. Tさん) 掲載原稿お送り頂きました \(^ ^)/
[PR]
by replacehim | 2006-07-07 20:39 | その他

投書0014【06年6月19日】

都知事、1泊4万円のホテルは低レベルですか?

都の条例を誰より守るべき都知事が、条例で定められた事前協議を経ずに、海外出張時の宿泊費をお手盛り増額した。この差額返還を求める住民訴訟で原告の言い分が通った。腐敗を見逃さず、行動に移す原告のような方が世の中にいることを有り難く思う。
石原都知事は「宿泊料規定のレベルが低すぎるので、いつも申請してプラスアルファのところで泊まっている」とコメントしている。都の条例で認められる宿泊費は約20万円(5日分)という、それだって庶民感覚ではとても贅沢だが、それが70万円とは驚きだ。1日に換算すると一泊素泊まり(食事無し)で14万円である。税金で、どんな高級ホテルに泊まったのだろうか? 条例で定められた額が不当に低いなら、条例を変えるよう働きかければよろしい。
事前協議でいつも認められているというのも、人事委員会とのなあなあの関係を感じる。条例が認めない部分の体裁は、ポケットマネーでお願いしたい
毎日新聞 投書欄「みんなの広場」欄宛 (投稿者=東京音頭) ボツ (T^T)
[PR]
by replacehim | 2006-07-07 20:23 | その他

投書0013【06年5月25日】

ますます強権的に? 東京都教育委員会

職員会議の様子を私たち部外者は見ることができず、校長先生も含めた先生方が口角泡を飛ばして議論をし、それでも決着がつかない時には各先生方に賛成か反対かを問うのかな〜なんて、テレビ番組の職員会議のシーンなどから勝手に想像していました。でも、その実態は想像とは大きく違っているようです。
 
文部科学省は、「職員会議は決定機関ではなく、先生方の意見で校長の考えや決定が妨げられないように」との指示を、既に全国の教育委員会に出していました。そして、この4月、「職員会議での挙手や採決を禁止する」と言う、国よりも厳しい通知が、東京都教育委員会から全都立学校に出されました。このような通知で「挙手や採決を禁止」したのは東京都ぐらいとのことですが、「挙手や採決をしないよう」徹底してきたのは、東京都と同じく「日の丸・君が代」の強制を進めてきた広島県教育委員会です。
 
「日の丸・君が代」の強制で教職員の大量処分を行った東京都教育委員会が、今回の通知後、強権的な方向にますます進んでいくのではと危惧するとともに、この通知に合意した6人の教育委員の任命権者である石原知事の一刻も早い退陣を願うばかりです。
朝日新聞 投書欄「声」欄宛 (投稿者=オレンジ) ボツ (・・;)
[PR]
by replacehim | 2006-07-07 20:07 | 教育と若者



差別発言の多さ、トップダウンの傲慢さ、石原慎太郎氏は、東京都知事にふさわしくありません。みんなで新聞に投書しよう! ボツ原稿もこのブログで紹介。
カテゴリ
全体
このブログについて
主な新聞の投書規定
投書ネタ
都知事批判サイト紹介
─────
東京オリンピック
日の丸君が代
タカ派発言
教育と若者
女性に対する視点
外国人に対する視点
その他
検索
みんなで投書しよう
石原都知事 批判!
──────────────
投書した方はぜひメール下さい。このブログに掲載させて頂きます (^ ^)
みんなで投書しよう 宛
──────────────
「ボツ原稿」も生きるブログ!!
──────────────

新聞等との二重投稿にならないよう、投書後一定期間を経てからメール下さい。
掲載するあなたのお名前(ペンネーム可)、投書先、投書日、を必ずお書きください。
差別的な内容、誹謗中傷はお断りします。当ブログの編集方針とずれる場合は取り上げない場合があります。

主な新聞の投稿規定:
──────────────
(読売)
「気流」欄 400字程度。
送り先 〒100-8691 東京中央郵便局私書箱325号読売新聞東京本社「気流」係
FAX03−3217−8229
e-mail:tousho@yomiuri.com
ネット投稿
文頭に職業、氏名、年齢、住所、電話番号。
──────────────
(朝日)
「声」欄 500字
送り先 〒104-8661 京橋郵便局私書箱300号 朝日新聞「声」
FAX0570−013579
email:tokyo-koe@asahi.com
住所、氏名、年齢、職業、電話番号を記載。
二重投稿不可(同一新聞内の他の投稿欄&他社)、採否の問い合わせ不可。
──────────────
(毎日)
 400字
送り先 〒100-8051 千代田区一ツ橋1−1−1 毎日新聞東京本社「みんなの広場」 
FAX03−3212−0825
ネット投稿
匿名は不可。添削することあり。掲載分に謝礼。
住所、氏名、年齢、職業、電話番号を記載。
二重投稿不可(同一新聞内の他の投稿欄&他社)、採否の問い合わせ不可
──────────────
(東京)
「発言」欄 360字
送り先 FAX03−3474−0352
ネット投稿
──────────────
(産経)
「一般投書」400字程度
送り先 〒100-8078 産経新聞東京本社 投書係
FAX03−3242−7745
e-mail:special@sankei.co.jp
(添付形式不可)
本名、年齢、職業(元××可)、〒、住所、電話番号を記載。
添削あり、二重投稿不可。
採用分には図書カード
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧