石原都知事じゃもうイヤダ!    みんなで投書しよう!!

<   2006年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

投書005【06年3月10日】

「嬉しい気分」で卒業式を!

 小学校、中学校の卒業式シーズンですが、区議会議員の私にとって、子どもたちの成長を見られる「嬉しい気分」の反面、「憂鬱な気分」です。それは、議長の「お祝いの言葉」を代読する際の日の丸への敬礼について、ここ数年、議会内部で「強制」とも思える発言が繰り返されるようになってきたからです。
 99年、国旗、国歌法を制定した際、政府は「強制しない」と何度も繰り返したはずです。しかし、石原知事は、日の丸・君が代による教師の処分に止まらず、参列者に対しても日の丸・君が代の押し付けを進めており、その影響が私たちの議会へも波及しているようです。私自身、信念を変えるつもりはありませんが、徐々に強まる「強制」の波に抵抗し続けるのは正直、キツイものがあります。
 個人の思想信条がきちんと守られ、「嬉しい気分」で卒業式を迎えたいものです。
東京新聞 投書欄『発言』宛 (投稿者=MM) 結果=ボツ T_T) 
[PR]
by replacehim | 2006-03-10 17:15 | 日の丸君が代

投書004【06年3月8日】

心の痛む春

 卒・入学式のシーズンとなった。本来はおめでたいはずだが、東京都の公立学校に限って言えば「めでたい」とばかりも言えないだろう。
 石原慎太郎都知事の強いリーダーシップによって、東京都の公立学校では卒入学式に日の丸の掲揚と国歌の斉唱の実施が「義務」として学校現場に下ろされるようになった。教職員が国歌斉唱の際に従来行ってきた、いわゆる“不起立”は処分の対象となり、実際に処分者が毎年続出している。
 「処分」や「指導」の対象は、生徒たちを歌わせられなかった教員にまで及んでいるのである。来賓の都議が生徒たちに「(国歌を)歌え!」と怒鳴りつけた学校もあるという。
 こうした、事態が今年も繰り返されるのだろう。そもそも卒業式や入学式は果たして誰のものなのか、という視点が都や石原知事には欠けているように思えてならない。国旗国歌法成立時の政府見解では「強制はしない」といっていたはずだが、都の学校現場でやられていることは強制そのものである。
 石原都知事は「心の東京革命」という教育改革を掲げているが、国旗や国歌を強引に教育の場に持ちこもうとする都や石原知事の姿勢がまず改められるべきであると思う。
朝日新聞 投書欄『声』宛 (投稿者=M) 結果=ボツ (@_@)
[PR]
by replacehim | 2006-03-08 17:11 | 日の丸君が代



差別発言の多さ、トップダウンの傲慢さ、石原慎太郎氏は、東京都知事にふさわしくありません。みんなで新聞に投書しよう! ボツ原稿もこのブログで紹介。
カテゴリ
全体
このブログについて
主な新聞の投書規定
投書ネタ
都知事批判サイト紹介
─────
東京オリンピック
日の丸君が代
タカ派発言
教育と若者
女性に対する視点
外国人に対する視点
その他
検索
みんなで投書しよう
石原都知事 批判!
──────────────
投書した方はぜひメール下さい。このブログに掲載させて頂きます (^ ^)
みんなで投書しよう 宛
──────────────
「ボツ原稿」も生きるブログ!!
──────────────

新聞等との二重投稿にならないよう、投書後一定期間を経てからメール下さい。
掲載するあなたのお名前(ペンネーム可)、投書先、投書日、を必ずお書きください。
差別的な内容、誹謗中傷はお断りします。当ブログの編集方針とずれる場合は取り上げない場合があります。

主な新聞の投稿規定:
──────────────
(読売)
「気流」欄 400字程度。
送り先 〒100-8691 東京中央郵便局私書箱325号読売新聞東京本社「気流」係
FAX03−3217−8229
e-mail:tousho@yomiuri.com
ネット投稿
文頭に職業、氏名、年齢、住所、電話番号。
──────────────
(朝日)
「声」欄 500字
送り先 〒104-8661 京橋郵便局私書箱300号 朝日新聞「声」
FAX0570−013579
email:tokyo-koe@asahi.com
住所、氏名、年齢、職業、電話番号を記載。
二重投稿不可(同一新聞内の他の投稿欄&他社)、採否の問い合わせ不可。
──────────────
(毎日)
 400字
送り先 〒100-8051 千代田区一ツ橋1−1−1 毎日新聞東京本社「みんなの広場」 
FAX03−3212−0825
ネット投稿
匿名は不可。添削することあり。掲載分に謝礼。
住所、氏名、年齢、職業、電話番号を記載。
二重投稿不可(同一新聞内の他の投稿欄&他社)、採否の問い合わせ不可
──────────────
(東京)
「発言」欄 360字
送り先 FAX03−3474−0352
ネット投稿
──────────────
(産経)
「一般投書」400字程度
送り先 〒100-8078 産経新聞東京本社 投書係
FAX03−3242−7745
e-mail:special@sankei.co.jp
(添付形式不可)
本名、年齢、職業(元××可)、〒、住所、電話番号を記載。
添削あり、二重投稿不可。
採用分には図書カード
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧