石原都知事じゃもうイヤダ!    みんなで投書しよう!!

カテゴリ:教育と若者( 4 )

投書0013【06年5月25日】

ますます強権的に? 東京都教育委員会

職員会議の様子を私たち部外者は見ることができず、校長先生も含めた先生方が口角泡を飛ばして議論をし、それでも決着がつかない時には各先生方に賛成か反対かを問うのかな〜なんて、テレビ番組の職員会議のシーンなどから勝手に想像していました。でも、その実態は想像とは大きく違っているようです。
 
文部科学省は、「職員会議は決定機関ではなく、先生方の意見で校長の考えや決定が妨げられないように」との指示を、既に全国の教育委員会に出していました。そして、この4月、「職員会議での挙手や採決を禁止する」と言う、国よりも厳しい通知が、東京都教育委員会から全都立学校に出されました。このような通知で「挙手や採決を禁止」したのは東京都ぐらいとのことですが、「挙手や採決をしないよう」徹底してきたのは、東京都と同じく「日の丸・君が代」の強制を進めてきた広島県教育委員会です。
 
「日の丸・君が代」の強制で教職員の大量処分を行った東京都教育委員会が、今回の通知後、強権的な方向にますます進んでいくのではと危惧するとともに、この通知に合意した6人の教育委員の任命権者である石原知事の一刻も早い退陣を願うばかりです。
朝日新聞 投書欄「声」欄宛 (投稿者=オレンジ) ボツ (・・;)
[PR]
by replacehim | 2006-07-07 20:07 | 教育と若者

投書009【06年5月14日】

メーデー不当弾圧

 労働者の祭典メーデーの日に参加者が逮捕された。いわゆるフリーターたちのフリーターメーデーでである。非正規雇用で身分も生活も不安定。それでも労働条件改善など労働権として補償されている正当な権利主張のために、フリーター自身によるメーデーが開催されている。集会のあとデモという既存の形態をとりつつ、DJがいて音楽を鳴らしてうたったり踊ったりしながらのデモという、若者中心のフリーター層ならではの斬新さと柔軟さが窺える。
 しかし、事前のデモ申請のときに音を出すことを伝え、承知していたはずにも関わらず、警察と公安は音を出すなと恫喝し、音を出そうとした瞬間に何の抵抗もしていない人間を取り押さえた。小さな小さなグループで、そもそも参加者が取り囲まれてしまうほどの警官や公安の数からして尋常ではない。三国人発言など、弱い立場の人間を貶めることを平気でする知事のいる東京から、人間は平等ではない、弱者いじめの構図を発信している。

毎日新聞 投書欄『みんなの広場』宛 (投稿者=TT) ボツ (> <)
[PR]
by replacehim | 2006-06-09 10:34 | 教育

投書007【06年5月9日】

体罰を支持する東京都知事

 スパルタ式訓練で死亡者まで出し、懲役6年の刑に服していた戸塚ヨットスクールの校長が、出所後の記者会見で「体罰は教育だ」と発言したそうだ。懲役刑という体罰から何も学ばなかった彼自身を棚に上げて、いったい何を言いたいのだろう。殴る蹴るの暴行が無ければ教育効果は表れないということか。
 ところが、そんな戸塚校長の支持者として驚くべき人物の名前が出てきた。「戸塚ヨットスクールを支援する会」の会長こと石原慎太郎東京都知事。出所にあわせて発行された会報に「子供たちの今日の風潮の是正に強く確かな指針を啓示してくれるものと思う」というメッセージを寄せている。
 東京都の教育現場に体罰の風潮を広めるおつもりか。知事の発言には、ヨットスクールのような私塾の訓練方針を吹聴する戸塚校長のものとは、影響力において格段の差があることを自覚すべきだ。
 そもそも学校教育法第11条は体罰を禁じている。それをご存知ないなら都知事失格だろう。

読売新聞 投書欄「気流」宛 (投稿者=ねこのて) どうやらボツ T。T)
[PR]
by replacehim | 2006-05-31 01:00 | 教育と若者

発見!! 都知事批判投書 001【06年5月21日】

「体罰は教育」都知事に疑問

(新聞掲載投書の要旨紹介です) 
 戸塚ヨットスクールの校長が刑期を終えて出所した際、「体罰は教育」との持論を披露したが、青年2人を死に至らしめたのに「教育」と居直るのは許されないと思う。
 この「戸塚ヨットスクールを支援する会」の会長が石原都知事であるのが驚き。
校長が「体罰がある」と具申したら、教員は事情のいかんに関わらず処分されるというのに。
 都知事は「体罰は教育」論に期待─と公言した。東京の教育の先行きが思いやられる。
東京新聞 記事に対する投書欄『ひろば』宛 (投稿者=東京都在住の教員) 掲載投書紹介!!
[PR]
by replacehim | 2006-05-21 01:24 | 教育と若者



差別発言の多さ、トップダウンの傲慢さ、石原慎太郎氏は、東京都知事にふさわしくありません。みんなで新聞に投書しよう! ボツ原稿もこのブログで紹介。
カテゴリ
全体
このブログについて
主な新聞の投書規定
投書ネタ
都知事批判サイト紹介
─────
東京オリンピック
日の丸君が代
タカ派発言
教育と若者
女性に対する視点
外国人に対する視点
その他
検索
みんなで投書しよう
石原都知事 批判!
──────────────
投書した方はぜひメール下さい。このブログに掲載させて頂きます (^ ^)
みんなで投書しよう 宛
──────────────
「ボツ原稿」も生きるブログ!!
──────────────

新聞等との二重投稿にならないよう、投書後一定期間を経てからメール下さい。
掲載するあなたのお名前(ペンネーム可)、投書先、投書日、を必ずお書きください。
差別的な内容、誹謗中傷はお断りします。当ブログの編集方針とずれる場合は取り上げない場合があります。

主な新聞の投稿規定:
──────────────
(読売)
「気流」欄 400字程度。
送り先 〒100-8691 東京中央郵便局私書箱325号読売新聞東京本社「気流」係
FAX03−3217−8229
e-mail:tousho@yomiuri.com
ネット投稿
文頭に職業、氏名、年齢、住所、電話番号。
──────────────
(朝日)
「声」欄 500字
送り先 〒104-8661 京橋郵便局私書箱300号 朝日新聞「声」
FAX0570−013579
email:tokyo-koe@asahi.com
住所、氏名、年齢、職業、電話番号を記載。
二重投稿不可(同一新聞内の他の投稿欄&他社)、採否の問い合わせ不可。
──────────────
(毎日)
 400字
送り先 〒100-8051 千代田区一ツ橋1−1−1 毎日新聞東京本社「みんなの広場」 
FAX03−3212−0825
ネット投稿
匿名は不可。添削することあり。掲載分に謝礼。
住所、氏名、年齢、職業、電話番号を記載。
二重投稿不可(同一新聞内の他の投稿欄&他社)、採否の問い合わせ不可
──────────────
(東京)
「発言」欄 360字
送り先 FAX03−3474−0352
ネット投稿
──────────────
(産経)
「一般投書」400字程度
送り先 〒100-8078 産経新聞東京本社 投書係
FAX03−3242−7745
e-mail:special@sankei.co.jp
(添付形式不可)
本名、年齢、職業(元××可)、〒、住所、電話番号を記載。
添削あり、二重投稿不可。
採用分には図書カード
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧