石原都知事じゃもうイヤダ!    みんなで投書しよう!!

カテゴリ:外国人に対する視点( 3 )

投書0025【06年8月22日】

民族差別の都知事より人権派都知事を

 先月三十一日、積水ハウスに勤める在日韓国人二世の徐文平(ソムンピョン)さんが、民族差別的な発言をされ精神的な苦痛を受けたとして、顧客に慰謝料三百万円と謝罪広告を求めて大阪地裁に提訴した。これに対し、会社は裁判費用を負担したり裁判出席を勤務時間と認めるなど、ほぼ全面的な支援をしている。
 日本の大手企業の人権意識もようやくここまで来たかと思うと同時に、このような裁判や会社の支援が当たり前となるような社会になって欲しいと思う。
 しかしながら都民として我が知事を眺めてみると、「三国人」(00年4月)「民族的DNAを表示するような犯罪」(01年5月)「フランス語は数を勘定できない」(04年10月)と目を覆う発言ばかりだ。「日本人が単一民族」というのもフィクションに過ぎないと思うが、他民族や言語・文化を貶めることで得るアイデンティティーとは何と卑しいことか。
毎日新聞 投書欄「みんなの広場」宛 (投稿者=星ぴかぴか) ボツ (*。*;)
[PR]
by replacehim | 2006-09-04 16:59 | 外国人に対する視点

投書0022【06年7月24日】

極右知事は返上したい

国際サッカー連盟(FIFA)は20日、MVPを獲得したフランスのジダン選手を日本円で約70万円の罰金に処した。これは決勝戦でジダン選手が相手国イタリアのマテラッツィ選手に頭突きを食らわしたからである。しかし、今回のFIFAの処分が出される前に、欧州では頭突きの原因となったマテラッツィ選手の暴言について、ジダン選手がアルジェリア移民2世であることに対する人種差別にもとづくものであるならば、イタリアの優勝を返上すべきだという声がかなりあがったと聞く。
ひるがえって日本ではどうか。都知事が公式の場で「三国人」発言や、「フランス語は、数を勘定できない言葉だから国際語として失格している」という対フラン語発言をした。欧州では現在、人種差別発言者は極右だという認識が固まっているという。そうでなくても、こんな知事は早く返上したい。どんな人種とも仲良くし、平和に暮らしたいからだ。
産経新聞 投書欄宛 (投稿者=オラトニス 新菱) ボツ   (+_+)
[PR]
by replacehim | 2006-09-04 16:15 | 外国人に対する視点

投書0012【06年5月25日】

国際都市・東京にふさわしいリーダーを

5月17日入管法改定案が成立した。これによって日本に入国する外国人の指紋が採取されることになるという。日本にいる外国人が外国人登録をする際に義務づけられていた指紋押捺が撤廃されたのは2000年のこと。当時の私は、これで「外国人と見れば犯罪者」というような差別的・排外的な態度が少しでも変わるのでは、と考えた。しかしわずか6年目にして、また指紋である。今回の入管法の改定は「テロ対策」の一環だというが、ならば尚更、今度は「外国人と見たらテロリストと思え」という排外ムードをつくることにならないか。
 同じ時期、オリンピックを東京で、と都が名乗りをあげていると聞いた。そして現都知事の石原氏はそのためにも来年の知事選に出馬する意向を表明している。石原氏は、過去に「三国人」発言をするなど外国人差別意識が強い人物だ。国際都市にふさわしいリーダーをと考えれば、私は差別発言を繰り返すような知事はもうごめんだ。
東京新聞 投書欄「発言」宛 (投稿者=ワンコ) ボツ (*。*;)
[PR]
by replacehim | 2006-06-20 02:06 | 外国人に対する視点



差別発言の多さ、トップダウンの傲慢さ、石原慎太郎氏は、東京都知事にふさわしくありません。みんなで新聞に投書しよう! ボツ原稿もこのブログで紹介。
カテゴリ
全体
このブログについて
主な新聞の投書規定
投書ネタ
都知事批判サイト紹介
─────
東京オリンピック
日の丸君が代
タカ派発言
教育と若者
女性に対する視点
外国人に対する視点
その他
検索
みんなで投書しよう
石原都知事 批判!
──────────────
投書した方はぜひメール下さい。このブログに掲載させて頂きます (^ ^)
みんなで投書しよう 宛
──────────────
「ボツ原稿」も生きるブログ!!
──────────────

新聞等との二重投稿にならないよう、投書後一定期間を経てからメール下さい。
掲載するあなたのお名前(ペンネーム可)、投書先、投書日、を必ずお書きください。
差別的な内容、誹謗中傷はお断りします。当ブログの編集方針とずれる場合は取り上げない場合があります。

主な新聞の投稿規定:
──────────────
(読売)
「気流」欄 400字程度。
送り先 〒100-8691 東京中央郵便局私書箱325号読売新聞東京本社「気流」係
FAX03−3217−8229
e-mail:tousho@yomiuri.com
ネット投稿
文頭に職業、氏名、年齢、住所、電話番号。
──────────────
(朝日)
「声」欄 500字
送り先 〒104-8661 京橋郵便局私書箱300号 朝日新聞「声」
FAX0570−013579
email:tokyo-koe@asahi.com
住所、氏名、年齢、職業、電話番号を記載。
二重投稿不可(同一新聞内の他の投稿欄&他社)、採否の問い合わせ不可。
──────────────
(毎日)
 400字
送り先 〒100-8051 千代田区一ツ橋1−1−1 毎日新聞東京本社「みんなの広場」 
FAX03−3212−0825
ネット投稿
匿名は不可。添削することあり。掲載分に謝礼。
住所、氏名、年齢、職業、電話番号を記載。
二重投稿不可(同一新聞内の他の投稿欄&他社)、採否の問い合わせ不可
──────────────
(東京)
「発言」欄 360字
送り先 FAX03−3474−0352
ネット投稿
──────────────
(産経)
「一般投書」400字程度
送り先 〒100-8078 産経新聞東京本社 投書係
FAX03−3242−7745
e-mail:special@sankei.co.jp
(添付形式不可)
本名、年齢、職業(元××可)、〒、住所、電話番号を記載。
添削あり、二重投稿不可。
採用分には図書カード
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧