石原都知事じゃもうイヤダ!    みんなで投書しよう!!

投書ネタ006(06年9月16日)

<この差別発言ひとつだけでも都知事にふさわしくない>
都知事「怪しい外国人」発言 民団東京が注意促す
9.6 民団新聞
 8月30日に開かれたオリンピック日本国内の候補地選定会と祝勝会において、東京都の石原慎太郎知事が、在日2世の姜尚中・東大教授に対して「怪しい外国人」などとの暴言をおこなった。これを受けて、民団東京本部(李時香団長)は4日、河在龍事務副局長、鄭文吉国際部長、李昇虎宣伝部長ら3人が都庁を訪れ、東京都知事本局の鈴木勝・秘書課長と面談した。
 この席で民団側は「昨年の愛知万博など民団は地域住民として、自治体が関与する各種のイベント行事に対して積極的支援と参与を行ってきた。しかし、今回の都知事の暴言はそうした協調と友好の流れに悪影響を与えかねない」と厳重に今回の知事暴言に関して注意を促した。


<差別男を「首都」の「知事」に「選出」する東京都民の民度は?>
五輪と「怪しげな日本人」(本多 勝一)
週刊金曜日
 演説で姜教授は「金持ちの、金持ちによる、金持ちのためのオリンピックで、世界に勝てますか」と東京を批判したという。
 すると、石原知事は東京に決まった祝賀パーティーのあいさつで、「怪しげな外国人が出てきてね。生意気だ、あいつは」などと述べた。この記事はつづいて「姜教授は在日韓国人2世で、熊本で生まれ育った」と注釈している。
 要するに石原シンタローという「怪しげな日本人」が、れいによって差別言辞をたれ流しているわけだが、問題の本質はこんな差別男にあるのではない。差別男を「首都」の「知事」に「選出」する東京都民の民度にある。


<すわNHKと密約か?!>
慎太郎ポロリ「築地にNHK」で大波紋
9.11 ZAKZAK
 石原慎太郎東京都知事が8日の定例記者会見で発言した内容が波紋を広げている。2012年に湾岸部の豊洲に移転予定の築地市場の跡地に「NHKが移転する」とポロリ。願望なのかそれとも秘密の暴露なのか。これを聞いたNHKは「そんな計画はない」と完全否定している。


<差別意識を美意識と言いくるめる都知事>
石原都知事 新宿2丁目に規制をかける意思を表明
9.12 ゲイジャパンニュース
(東京)日本国内のオリンピック招致候補が東京に決まった翌日、石原東京都知事は東京新聞のインタビューに答え、新宿2丁目が美観とはいえないため、新たな条例を作り、規制をかけるつもりであることを表明した。
 インタビューの中で石原都知事は、五輪が都市力を強めていく機会だと捉えていることを明らかにし、新宿2丁目の現状は、その方向に反すると考えていることを明らかにした。


<「恐怖をあおる政治」で人心を動かす研究中?>
危機管理はあなたの問題─GSSA
ITmedia
... このセミナーではルドルフ・ジュリアーニ氏自身が来日して特別講演を行うほか、国内の危機管理の第一人者である佐々淳行氏とジャーナリストの手嶋龍一氏、東京都知事の石原慎太郎氏に ...

前NY市長ジュリアーニ氏は叫ぶ、「テロは身近だ!」
ライブドア・ニュース
 15日都内のホテル・ニューオータニで開かれた「21世紀におけるグローバルな安全保障」と題した危機管理講座の特別講演で、同時多発テロへの対処とそれ以降の世界情勢への警鐘を連綿と説いた。来席者には小阪文部科学相を初め、現職、元職の閣僚。安西邦夫東京ガス会長などのほか、石原慎太郎都知事、佐々淳行元内閣安全保障室長やNHK ...
[PR]
by replacehim | 2006-09-16 19:35
<< 投書ネタ007(06年9月27日) 投書0029【06年9月8日】 >>



差別発言の多さ、トップダウンの傲慢さ、石原慎太郎氏は、東京都知事にふさわしくありません。みんなで新聞に投書しよう! ボツ原稿もこのブログで紹介。
カテゴリ
全体
このブログについて
主な新聞の投書規定
投書ネタ
都知事批判サイト紹介
─────
東京オリンピック
日の丸君が代
タカ派発言
教育と若者
女性に対する視点
外国人に対する視点
その他
検索
みんなで投書しよう
石原都知事 批判!
──────────────
投書した方はぜひメール下さい。このブログに掲載させて頂きます (^ ^)
みんなで投書しよう 宛
──────────────
「ボツ原稿」も生きるブログ!!
──────────────

新聞等との二重投稿にならないよう、投書後一定期間を経てからメール下さい。
掲載するあなたのお名前(ペンネーム可)、投書先、投書日、を必ずお書きください。
差別的な内容、誹謗中傷はお断りします。当ブログの編集方針とずれる場合は取り上げない場合があります。

主な新聞の投稿規定:
──────────────
(読売)
「気流」欄 400字程度。
送り先 〒100-8691 東京中央郵便局私書箱325号読売新聞東京本社「気流」係
FAX03−3217−8229
e-mail:tousho@yomiuri.com
ネット投稿
文頭に職業、氏名、年齢、住所、電話番号。
──────────────
(朝日)
「声」欄 500字
送り先 〒104-8661 京橋郵便局私書箱300号 朝日新聞「声」
FAX0570−013579
email:tokyo-koe@asahi.com
住所、氏名、年齢、職業、電話番号を記載。
二重投稿不可(同一新聞内の他の投稿欄&他社)、採否の問い合わせ不可。
──────────────
(毎日)
 400字
送り先 〒100-8051 千代田区一ツ橋1−1−1 毎日新聞東京本社「みんなの広場」 
FAX03−3212−0825
ネット投稿
匿名は不可。添削することあり。掲載分に謝礼。
住所、氏名、年齢、職業、電話番号を記載。
二重投稿不可(同一新聞内の他の投稿欄&他社)、採否の問い合わせ不可
──────────────
(東京)
「発言」欄 360字
送り先 FAX03−3474−0352
ネット投稿
──────────────
(産経)
「一般投書」400字程度
送り先 〒100-8078 産経新聞東京本社 投書係
FAX03−3242−7745
e-mail:special@sankei.co.jp
(添付形式不可)
本名、年齢、職業(元××可)、〒、住所、電話番号を記載。
添削あり、二重投稿不可。
採用分には図書カード
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧